脊椎固定術の病院ガイドHOME » 脊椎固定術の術式について » 腰椎後方椎体間固定術(PLIF)

腰椎後方椎体間固定術(PLIF)

このページでは、不安定な腰椎を安定化させるための腰椎後方椎体間固定術(PLIF)について、手術の概要や特徴を紹介します。

切除と固定を行う腰椎後方椎体間固定術(PLIF)という手術の概要

腰椎後方椎体間固定術(PLIF)は腰椎変性すべり症分離症変性側弯症などの治療で行われる手術方式です。

脊髄及び腰椎の固定や矯正を目的とするもので、腰部の後方から切開します。神経を圧迫している患部の骨や靱帯を切除した上で、スクリューを椎体に入れて、変形してしまった椎間板を正常に近い形にするためにケージを打ち込むといった対処をすることで脊椎を安定化させます。

病院によっては内視鏡での手術を行なうこともあり、X線透視装置を使うことで切開箇所をできるだけ小さくする低侵襲な手術のため、患者の身体への負担も比較的少ないといえるでしょう。

手術の翌日には身体を起こすことができ、2日後には歩くことができるようになるのが一般的。入院期間は10日から2週間程度となります。

腰椎後方椎体間固定術(PLIF)のメリット・デメリット

腰椎後方椎体間固定術(PLIF)のメリットともいえる特徴は、背骨の筋肉を剥がすことが少なく固定もするので、脊柱の安定性を確保しやすいという点にあります。低侵襲手術なので手術後の痛みも軽めで、早期の退院ができるでしょう。

一方で、PLIFに限らず、TLIF、OLIFなど椎体固定を行なう手術において、ほとんどの場合チタン製などのパーツで腰椎を固定化させるため、金属アレルギーがある場合、あるいは極めて稀な例としてチタン合金の中にアレルギー物質が含まれている場合など、手術が受けられないケースもあります。

似たような手術としては、背中ではなく側方から切開する前方固定術(OLIF・XLIF)があります。こちらの方が背骨周辺の神経や筋肉に触れることがないため、術後の痛みもより軽くなる傾向があります。また、PLIFと比べて、より大きいケージを打ち込むことができるため、安定性を高められる効果が期待できます。

PLIFにしてもOLIFにしても、従来法に比べると手術痕は18~20mm程度とかなり小さくなり、早期の社会復帰が可能となります。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ