HOME » 脊椎固定術の術式について » 前方侵入椎体固定術(OLIF)

前方侵入椎体固定術(OLIF)

このページでは、脊椎外科の最新術式のひとつ、前方侵入椎体固定術(OLIF)について、手術の概要や特徴を紹介します。

海外では実績豊富な前方侵入椎体固定術(OLIF)という手術の概要

前方侵入椎体固定術(OLIF)はOblique Lateral Interbody Fusionの略で、重度の変性側弯症に対する手術として海外では豊富な実績があります。日本ではまだ一部の専門病院でのみ行われている先進的な術式といえるでしょう。

現状、比較的ポピュラーな椎体固定術は後方=背中からアプローチします。この方法は、筋肉組織を傷つけてしまうため、身体への負担が大きくなってしまいます。それに対してOLIFは脇腹あたりからケージという固定用のパーツを入れて、その後に背中からスクリューを入れて安定化を図るもの。

なお、この腰椎前方固定用ケージは2012年に日本で導入されています。後方からのアプローチだと筋組織へのダメージが避けられなかったのが、この方法なら筋肉への影響も最小限にできることから、京都大学医学部付属病院など脊椎外科の国内におけるリーダー的病院では積極的に取り組んでいる術式です。

脊椎インストゥルメンテーション手術の発展

脊椎インストゥルメンテーション手術は、1980年代から徐々に普及し始めた固定手術で、変形した背骨を金具で固定・支える手術です。主に以下の病気で用いられます。

  • 特発性側彎症
  • 腰椎分離すべり症
  • 腰椎変性すべり症
  • 腰椎変性側彎症
  • 腰椎変性後彎症
  • 頸椎後縦靭帯骨化症
  • 脊椎損傷

背骨が安定しない方には有効的な手術治療で、治療期間の短縮や成功率が格段に上がった結果も出ているようです。実際にOLIFと併用することによって術後成績の向上を図ることによって不可能を可能にした手術もあります。

前方侵入椎体固定術(OLIF)のメリット・デメリット

前方侵入椎体固定術(OLIF)は後方からアプローチする術式に比べて、患者への負担がより少ない低侵襲であることが大きなメリット。これは同じように側方からアプローチするXLIFとも共通する点です。逆にいえば、後方からアプローチする腰椎手術は、椎体に到達するまでのプロセスに一定のリスクがあり、それを回避できるのがOLIFやXLIFというわけです。

もっともOLIFやXLIFにもリスク要因はあります。アプローチ方法との兼ね合いで、OLIFは尿管損傷、XLIFは陰部大腿神経損傷股関節屈曲筋力の低下といった点が懸念されます。もちろん手術がきちんとなされれば、他の手術よりも低侵襲な脊椎固定術であることは間違いありません。脊椎外科は進歩のスピードが早いので、こうした最先端の術式がよりベターであることから、高度医療に取り組む病院でも採用しているわけです。

しかし、OLIFにはメリットばかりではなく、症例は少ないながらも神経麻痺や感染といった合併症も報告されているようです。日本では対応できる病院や専門医もまだ多くはないので、手術実績や口コミなどで情報収集して病院選びの参考にしてください。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ