経皮的椎体形成術(BKP)

このページでは、背骨を固めて安定させる経皮的椎体形成術について、手術の概要や特徴を紹介します。

医療用セメントを使う経皮的椎体形成術(BKP)という手術の概要

日本語の経皮的椎体形成術という文字面を見ても、どんな術式なのかイメージしづらいかもしれません。英語表記ではBaloon Kypoplastyで、BKPはこの略となります。このバルーンの付いた器具を使うのがこの術式の大きな特徴で、脊椎の骨折で骨が潰れてしまった場合、それを修復するために行う手術です。骨粗鬆症になると脊椎も骨折しやすくなり、特に高齢の女性はこの傾向があるとされています。

手術方法を簡単に説明すると以下のようになります。

  • 背中から骨折箇所に針を入れて、そこに風船付きの器具を挿入します。
  • 風船を膨らませることで潰れた骨を持ち上げて、正常な形に近づけます。
  • 風船で膨らませた空間に医療用セメントを充填して、骨を固めます。
  • 手術の所要時間は30分程度で、切開も5mm程度で済みます。

このように、手術としては比較的短時間で終わり、数時間後には離床もできますし、長期間安静にする必要もありません。

経皮的椎体形成術(BKP)のメリット・デメリット

経皮的椎体形成術(BKP)のメリットは、切開箇所が小さいために患者の身体的負担が少ないこと。手術の際には1椎間あたり2cm程の皮切が2箇所(2椎間の場合には4箇所)できる程度で、他の手術とは比較にならないほど小さい切開で済みます。

また、潰れた脊椎がすぐに固まることで痛みが早期に和らぐので、早ければ手術翌日には歩くことが可能となります。

ただし、経皮的椎体形成術(BKP)はどちらかといえば脊椎骨折の中でも軽傷の場合に採用される術式で、例えば一度の骨折箇所が2椎間を超える場合(3椎間以上に圧迫骨折がある場合)にはBKPは適用外となってしまう(保険が通らない)ことがあります。

また、経皮的椎体形成術(BKP)を2~3ヶ月行っても改善されない場合、前方固定術などの他の治療法で効果が得られることもあります。従って、症状によって適切な治療を選択できる専門病院に相談するのがおすすめです。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ