脊椎固定術の病院ガイドHOME » 脊椎固定術の術式について

脊椎固定術の術式について

このカテゴリーでは、背骨や腰の変形で悩んでいる人に、OLIF(前方侵入椎体固定術)やPLIF(腰椎後方椎体固定術)などの手術方法を紹介します。

脊椎固定術による腰椎疾患の治療方法を紹介

医学の進歩は一般人には馴染みがありませんが、腰椎外科の手術だけをピックアップしてみても、アプローチや用いられる技術・器具などが進化し、画期的な手術方法が生まれています。

新しいものほど切開箇所が小さく、出血や身体の切除なども少ない低侵襲な術式となっていて、患者としても身体の負担やリスクが小さいのはメリットといえるでしょう。

腰椎疾患に関する手術方法をいくつか調べてみました。詳細ページではそれぞれの手術方法の詳細を紹介していますが、ここではその概要をまとめておきます。

前方侵入椎体固定術(OLIF)

OLIFは身体の側方からアプローチする術式で、後方からアプローチする術式に比べて、患者への負担がより少ない低侵襲手術です。従来の手術方法よりも椎体に到達するまでのリスクを大きく回避でき、高度医療に取り組む病院でも採用されています。筋肉を切ったり骨を削る必要が無いため出血量が少なく、多くの場合は高齢の患者にも適用が可能です。

経皮的椎体形成術(BKP)

骨折などによって潰れてしまった椎骨に医療用セメントを注入することで元の形状に近づけるよう修復する手術。脊椎骨折の中でも軽傷の場合に採用される術式で、2椎間以内の圧迫骨折であればBKPが適応となります。

腰椎椎弓切除術(MEL)

狭くなって神経を圧迫している脊椎管を拡げるために椎弓を切除する方式。OLIFのような前方固定術と比べると、背骨に密着する筋肉を剥がしたり、椎弓の切除をするため出血量が多くなります。

腰椎後方椎体固定術(PLIF)

腰の後方から切開して神経を圧迫している患部の骨や靱帯を切除、その後に椎体固定用の器械で固定する方式です。少しとはいえ背骨の筋肉を剥がす必要があります。なお、治療は左右両方の椎間関節を切除します。

片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)

PLIFと基本的には同じような術式ですが、治療するのは左右どちらか一方の椎間関節のみとなります。骨を温存しても支障ない場合はTLIFが採用されます。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ