HOME » 脊椎固定術の手術で実績のある病院リスト » 関西医科大学附属滝井病院

関西医科大学附属滝井病院

このページでは、脊椎神経センターを併設する関西医科大学附属滝井病院について、口コミ評判や特徴、手術関連情報などを紹介します。

関西医科大学附属滝井病院_cap
画像引用元:関西医科大学附属滝井病院HP(http://www.kmu.ac.jp/takii/index.html)

口コミ評判

吹き出し手術だけでなくリハビリでは通院で作業療法を受けられるのが特徴だと思います。近場では他になく有り難い存在です。

吹き出し他所ではなかなか改善せず、紹介を受けてこちらにお世話になりました。おかげさまで痛みもなくなりました。

吹き出し歩けないほどの腰痛で手術してもらいました。先生はお若い方でしたが、丁寧な対応をしていただき、とても感謝しています。

手術の実績や病院の特徴

関西医科大学脊椎神経センターを併設

関西医科大学附属滝井病院には併設する関西医科大学脊椎神経センターがあり、脊椎疾患の高度医療に対応しています。専門外来でも脊椎外来があり、診断・治療とも最先端の環境なので安心できます。

脊椎手術は年間500件を超える実績

2014年の関西医科大学附属滝井病院整形外科の手術実績では脊椎手術は合計501件。中でも腰椎固定術は313件ともっとも多く、低侵襲椎体形成術も38件の実績があります。

グループ内で滝井病院は脊椎外科に強み

関西医科大学整形外科ではグループの3病院においてそれぞれ得意分野を持ち、連携することで高度な医療体制を確立しています。その中で滝井病院は脊椎外科に強みを持ち、枚方病院は股関節・膝関節外科、香里病院は手の外科を主体としています。

医師情報

病院教授 齋藤貴徳(診療部長)
専門 脊椎外科、末梢神経外科
主な資格 日本整形外科学会認定専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本手の外科学会専門医、日本臨床神経生理学会技術認定医
講師 谷口慎一郎
専門 脊椎外科
主な資格 日本整形外科学会認定専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本リハビリテーション学会認定専門医、日本リウマチ学会専門医、日本臨床神経生理学会技術認定医

手術方法や設備

関西医科大学附属滝井病院で対応している脊椎脊髄疾患の手術は腰椎固定術や腰椎除圧術など。セメント注入による低侵襲椎体形成術も行っています。設備の面で注目なのは、関西医科大学脊椎神経センターの電気生理学的検査といった高度な検査機器です。

病院情報

診察科目 血液腫瘍内科、呼吸器膠原病内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌代謝内科、健康科学科、消化器肝臓内科、心療内科、神経内科、精神神経科、緩和ケア科、小児科、消化管外科、肝胆膵外科、乳腺外科、末梢血管外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、形成外科、皮膚科、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、産婦人科、麻酔科、ペインクリニック・緩和医療科、臨床検査医学科、救急医学科
診察時間 8:30~11:30(初診受付)
休診日 日曜、祝日、第2・4土曜、年末年始
所在地 大阪府守口市文園町10-15
アクセス 京阪電車滝井駅 徒歩3分
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ