練馬総合病院

このページでは、公益財団法人として地域医療に尽力する練馬総合病院について、口コミ評判や特徴、手術関連情報などを紹介します。

練馬総合病院_cap
画像引用元:練馬総合病院HP(http://www.nerima-hosp.or.jp/)

口コミ評判

吹き出し 椎間板ヘルニアの患者による口コミ

歩くのが困難なほどだったのが、術後1週間程度で歩けるようになりました

吹き出し 腰椎すべり症の患者による口コミ

身体への負担が少ない手術で助かりました

手術の実績や病院の特徴

脊椎最小侵襲手術を積極的に採用

練馬総合病院では脊椎脊髄手術をする場合、切開部が小さいことから短期入院で済む脊椎最小侵襲手術を積極的に採用しています。頚椎と胸腰椎両方の疾患で取り入れているのもポイントです。

個々の病状に合わせて最良の治療方法を選択

診察や各種診断画像の所見に加えて、SF36などの症状アンケート調査を行い、患者にとって最良の治療方法を選択してくれます。

慶應義塾大学で考案されたPEDにも対応

腰椎椎間板ヘルニアでは慶應義塾大学で考案されたPED(経皮的内視鏡椎間板切除術)を施行する場合もあります。手術当日から歩行できるなどメリットがあります。

なお、手術実績に関する記述を見つけることはできませんでした。

医師情報

常勤 塩野雄太
専門 脊椎脊髄外科、低侵襲手術など
主な資格 整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄病指導医
非常勤 石井賢
専門 脊椎脊髄外科、低侵襲手術など
主な資格 整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄病指導医、日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医、日本整形外科学会認定リウマチ医

手術方法や設備

練馬総合病院では、OLIF(前方固定術)、BKP(経皮的椎体形成術)、MIS-TLIF(最小侵襲脊椎後方固定術)などによって脊椎低侵襲手術に対応しています。

設備の面では、CTやMRI、各種内視鏡機器などが揃っています。

病院情報

診察科目 内科、循環器内科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、小児科、脳神経外科、リハビリテーション科、漢方内科
診察時間 9:00~、13:30~
休診日 土曜、日曜、祝日、年末年始
所在地 東京都練馬区旭丘1-24-1
アクセス 西武池袋線江古田駅徒歩7分
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ