京都第一赤十字病院

このページでは、高診療密度病院群(II群)に分類される京都第一赤十字病院について、口コミ評判や特徴、手術関連情報などを紹介します。

京都第一赤十字病院_cap
画像引用元:京都第一赤十字病院HP(http://www.kyoto1-jrc.org/)

口コミ評判

吹き出し脊椎手術のスペシャリストといえるドクターがいらっしゃいます。私はヘルニアの手術でお世話になりましたが、同時期にはわざわざ鹿児島から来ていた患者さんもいました。

手術の実績や病院の特徴

全国で99しかない高診療密度病院群(II群)に分類

京都第一赤十字病院は2012年度から高診療密度病院群(II群)に分類され、高度医療及び高難度の手術を行っています。これは大学病院本院に次ぐ機能がある病院という意味で、全国でも99箇所しかありません。

整形外科全体では年間1,000件以上の手術を行う

京都第一赤十字病院整形外科の手術実績としては、2012年のデータで脊柱管狭窄症が54件、腰椎椎間板ヘルニアが41件、2014年のデータで脊椎・脊髄関連手術が189件となっています。なお、整形外科全体の手術数は2014年実績で1,056件です。

救命救急センターは全国でもトップレベル

京都第一赤十字病院の救命救急センターは厚生労働省による調査で常に全国上位にランキングされる実績があります。地域の高度な救命救急医療を担う重要機関といえるでしょう。

医師情報

部長 大澤透(第二整形外科)
専門 脊椎脊髄疾患、内視鏡脊椎手術、末梢神経疾患、電気生理診断
出身大学 京都府立医科大学卒業
主な資格 日本整形外科学会認定専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
副部長 植田秀貴(リハビリテーション科)
専門 整形外科全般、骨・軟部腫瘍
主な資格 日本整形外科学会認定専門医、日整会認定運動器リハビリテーション医、日整会認定スポーツ医

手術方法や設備

京都第一赤十字病院で対応している脊椎脊髄疾患の手術はインプラントを使った矯正固定手術や、身体への負担の少ない低侵襲手術など、最先端の治療方法を導入しています。

設備の面では2008年に整形外科専用脊椎手術用顕微鏡を、2011年に脊椎手術用ナビゲーションシステムを導入するなど積極的に最新機器を取り入れています。

病院情報

診察科目 総合内科、リウマチ内科、糖尿病・内分泌内科、感染制御部(感染症科)、血液内科、消化器内科、循環器内科、脳神経・脳卒中科、呼吸器内科、腎臓内科・腎不全科、外科、乳腺外科、小児外科、呼吸器外科、形成外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、小児科、新生児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、泌尿器科、心療内科、放射線診断科、放射線治療科、歯科口腔外科、麻酔科、救急科、リハビリテーション科、緩和ケア内科、病理診断科
診察時間 8:30~11:30
休診日 土曜、日曜、祝日、年末年始、創立記念日(5月1日、11月20日)
所在地 京都府京都市東山区本町15-749
アクセス 京阪本線東福寺駅 徒歩5分
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ