横浜脊椎脊髄病センター

このページでは、最先端医療の脊椎脊髄外科特化病院、横浜脊椎脊髄病センターについて、口コミ評判や特徴、手術関連情報などを紹介します。

横浜脊椎脊髄病センター_cap
画像引用元:横浜脊椎脊髄病センターHP(http://www.heiwakai.com/spine/index.html)

口コミ評判

吹き出し他の脊椎専門病院で手術を断られ、こちらで手術をしました。先生には感謝して止みません。

吹き出し痛みなく歩くことができるようになり、心も晴れました。

吹き出し長年の悩みだった腰痛から解放され感謝しています。初めての入院でしたが不安もなく過ごせました。

手術の実績や病院の特徴

横浜エリアで最初の脊椎脊髄外科専門施設

横浜脊椎脊髄病センターは名称からもわかるように脊椎脊髄外科に特化した医療機関。これは横浜エリア初で、保存治療から手術、その後のリハビリまでトータルでケアをしてくれます。

センター長は月に60例の執刀をするケースも

横浜脊椎脊髄病センターの2015年の腰椎・頸椎手術は643件。そのうち内視鏡手術などによる腰椎除圧手術は439件、腰椎固定手術は143件です。特にセンター長は月に60例の執刀をするケースもあるほど、経験豊富です。

遠方からの患者も多い

横浜や神奈川だけでなく、遠方からも脊椎脊髄疾患で悩む多くの患者が横浜脊椎脊髄病センターを訪れています。これも口コミなどで同センターの評判が広がっているからでしょう。

医師情報

センター長 田村睦弘
出身大学 慶應義塾大学医学部卒業
専門 脊椎変性疾患、脊椎側弯症、脊椎外傷、リウマチ性脊椎疾患、透析性脊椎疾患、転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス
略歴 慶應義塾大学整形外科学教室入局、川崎市立川崎病院、国立病院機構村山医療センター、済生会横浜市東部病院など。高月整形外科病院八王子脊椎脊髄病センター長兼任
主な資格 日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医(2種・後方手技)、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、身体障害者福祉法肢体不自由指定医
副センター長 野中康臣
出身大学 埼玉医科大学医学部卒業、順天堂大学大学院卒業
専門 脊椎変性疾患
略歴 順天堂大学脳神経外科学教室入局、池上総合病院脳神経外科、岩井整形外科内科病院脊椎外科
主な資格 日本脳神経外科学会専門医、日本脊髄外科学会認定医

手術方法や設備

横浜脊椎脊髄病センターでは、OLIFをはじめMED(内視鏡下椎間板切除)やBKP(骨粗鬆症椎体形成術)など幅広い術式で腰椎疾患の治療を行っています。他にも頸椎・胸椎疾患や側弯症でも様々な術式で対応できます。設備は最新の1.5テスラMRI装置や骨密度測定装置DCS-900FXを導入するなど充実しています。

クリニック情報

診察科目 脊椎外科、整形外科、リハビリテーション、薬剤科、緩和ケア科、放射線科
診察時間 8:30~、13:00~
休診日 日曜、祝日
所在地 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台29-1
アクセス JR京浜東北線鶴見駅 バス+徒歩5分
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ