腰部脊柱管狭窄症

このページでは、背骨の加齢にも大きく関係する腰部脊柱管狭窄症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

痛みの具合や症状から知る腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症について説明する前に、まず脊柱管について簡単に説明しておきましょう。

背骨は腰から頸まで椎骨という骨が細かく積み重なって構成されています。この椎骨を断面で見ると中央部に空間があって、椎骨が積み重なった状態で貫通するようになっている部分を脊柱管といいます。

ここには神経が通っていて、頸椎から胸椎にかけての部分は脊髄、腰椎部分は神経の束や血管が通っています。特に神経は脊柱管から全身へと分岐していく、人体にとって重要な部分といえます。

主な症状は腰痛よりも足の痛み・しびれ

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は、下肢の痛み・しびれ・脱力感などで、これらに伴って起こる代表的なものとして、長時間歩くことができなくなり、歩行と休息を繰り返す「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が挙げられます。

これは、立ったり歩いたりするとしびれ・痛み・脱力を感じて歩きにくくなり、腰を掛けるなど安静にすることで一時的にしびれ・痛みが和らぐというもの。しびれが両足・臀部あたりから足全体にわたるものを「馬尾型(ばびがた)」、片足のみしびれるものを「神経根型(しんけいこんがた)」、これらが混在したものを「混合型」といいます。

また、上記以外にも腰痛や排便機能の低下、進行することで安静にしていてもしびれが出るなど、様々な症状が現れてきます。

腰部脊柱管狭窄症が起きる原因とは

そもそも脊柱管は加齢とともに狭くなり、老化現象のひとつでもあります。先天的に脊柱管が狭いケースもありますが、一般的には後天的に起きる脊柱管周辺の変化によって脊柱管が狭くなり、中の神経や血管を圧迫することで症状が出るわけです。

若い世代で腰部脊柱管狭窄症が発症するのは、腰に過度の負担を掛けているような場合で、長時間の車の運転や重労働なども影響することがあります。

脊柱管は幾重にも椎骨が重なっていて、その間には椎間板や靱帯などもあり、それが変形したり膨れたり、位置がズレたりすることで、結果的には脊柱管を狭めてしまうのが腰部脊柱管狭窄症の仕組みといえます。

腰部脊柱管狭窄症になりやすい人

生まれつき脊柱管が細い人もいますが、腰部脊柱管狭窄症は老化現象の1つです。誰でも歳を取ると脊柱管は細くなっていきます。どのような人が腰部脊柱管狭窄症になりやすいのかご紹介しましょう。

  • 高齢であるほど起こりやすい
    50歳以上で発症することが大半、とくに60~70代に多く見られる症状です。年齢とともに脊柱管は狭くなるので老化現象の一つ。誰にでも起こり得る症状なのです。
  • 重労働・スポーツ経験者
    若いときに重労働の仕事を続けてきた人、重いものを持つなど腰に負担が掛かりやすい仕事を続けていた人は注意が必要です。スポーツ等で首や腰を捻る動きを続けていた人も要注意。首や腰周辺の筋肉に負担が多く、血流が悪くなるため腰部脊柱管狭窄症を引き起こす原因となります。
  • 同じ姿勢でいることが多い
    長時間の自動車運転やデスクワークを続けていた人も発症しやすくなります。同じ姿勢を続けるのは意外と首や腰に負担が掛かるのです。
  • 以前に腰を痛めた経験のある人
    年齢を重ねる毎に脊柱管は狭くなってしまいますが、以前から腰へ負担が掛かっていた人に影響が出やすい症状です。中年の女性も腰椎すべり症の症状から腰部脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。
  • 甘いものをよく口にする
    普段口にする飲食物も影響してきます。糖類を摂りすぎると血中の糖濃度が上がり、血糖値が上昇し血行も悪くなります。ビタミン類やミネラルをバランスよく摂って血流を改善することで、痛みやしびれが取れる可能性もあります。

腰部脊柱管狭窄症かも セルフチェック

腰部脊柱管狭窄症の疑いを簡単にチェックできるテストを用意しました。必ず全てに該当するわけではありませんが腰部脊柱管狭窄症の場合、以下の項目が多く当てはまります。

  • 60歳以上である
  • 以前に変形性脊椎症・変性すべり症・脊椎分離症と診断されたことがある
  • 過去に椎間板ヘルニアになったことがある
  • 足先が持ち上がらない
  • お尻・太もも・ふくらはぎの痛み・しびれがあり、腰はあまり痛くない
  • しばらく歩くと痛くなり、前かがみで休むと楽になる
  • 長時間経っているだけで痛みが出る
  • 足の裏にしびれが出る
  • 排尿後に残尿感。歩行時に尿意が出る
  • 股間・肛門周りに違和感・しびれがある、排便に支障がある

なかでも間欠性跛行と坐骨神経痛は特徴的な症状です。間欠性跛行は痛みが原因で長時間の歩行が困難になり、前かがみの姿勢で休むことで痛みが和らぐ性質を持っています。おしりから太ももの後ろ側にかけて、痛みやしびれが出る症状が坐骨神経痛です。

これらの項目に4つ以上当てはまる場合、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高くなります。あくまで目安ですので必ず専門医による診察を受けましょう。診察ではこれら問診のほか、体の動作テストで痛みをチェックしてレントゲンとMRIを使用して診断し、治療方法を決めていきます。

腰部脊柱管狭窄症のタイプ

腰部脊柱管狭窄症は以下の3種類に分類され、それぞれ症状が出る範囲や原因、治療法が異なります。

  • 馬尾型
    馬尾と呼ばれる神経の束が脊柱管の中心部分に通っており、これが圧迫されることで症状を引き起こします。神経根型よりも症状が重くなり、治療も困難に。腰より足に症状が出ることが多く、しびれや麻痺が広範囲に起こる場合や、直腸の動きにも関係するため排尿・排便にも影響、障害が出る場合があります。股間に異常な症状が現れる場合も。痛みは激しくないところが特徴ですが、悪化すると歩行できなくなるほどで、手術して治療する必要があります。
  • 神経根型
    神経根が圧迫されて起こる症状です。背中をそらせる姿勢で症状が悪化し、前屈みの体勢で痛みが収まります。脊髄から左右に伸びていく神経が影響を受け、神経に沿って痛むのが特徴です。左右同時に症状が出る場合もありますが、基本的には左右どちらかの腰から足にかけて痛みが生じます。坐骨神経痛の症状があらわれるのも特徴です。馬尾型に比べて症状が重くならず、保存療法での治療が一般的になります。
  • 混合型
    馬尾型と神経根型が同時に起こる場合があります。それぞれの特徴を組み合わせた症状が出て、悪化すると手術が必要です。身体の左右片側だけ症状が出る場合と両側同時に起こる場合があります。

腰部脊柱管狭窄症はこれら3種類の症状に分かれていますが、共通点として間欠性跛行が見られます。歩行を続けていると足に痛みやしびれが出始めてやがて歩けなくなりますが、座って前かがみの状態で休むと症状が和らぐのが特徴です。

腰部脊柱管狭窄症を自分で治す

自宅でできる改善法や腰痛対策をご紹介します。

  • ストレッチ
    圧迫されている箇所の症状の改善、圧迫力を減少させます。血行の改善につながり痛みを和らげる効果も。ただし、腰が痛いときついやってしまいがちな腰をそらせるような動きは絶対にやってはいけません。
  • 腰や足を冷やさない
    患部を冷やすことで痛みが和らぐ場合もありますが、長時間冷えてしまうと血流が悪くなります。衣服やサポーターで保温しておきましょう。患部を温めながらストレッチを行なうのも効果的です。症状の起こり始め、痛みが強いタイミングでは患部が炎症を起こしているので、温めると悪化してしまうことがありますので注意してください。
  • 禁煙
    血流が悪くなると痛みやしびれが出ます。タバコも血流を悪くする原因のひとつ。喫煙者は椎間板の老化が早いことも研究で分かっています。
  • 食生活の改善・サプリメント
    血流障害を解消するために食生活を改善したり、サプリメントを使って不足している栄養素を補給したりするのも効果的です。エゾウコギやクロレラ、スピルリナなどの栄養素が効果的。血圧や血糖値を調整、整腸作用や免疫力向上の効果を持っています。
  •  

生活習慣の変化が原因で患者が増えているともいわれています。症状の改善に最低限必要な対策ですが、これらの対処を行なっても症状を完全に止めることはできません。時間の経過とともに狭窄は進行していきます。腰部脊柱管狭窄症は事前に特徴を知っていれば早い段階で気が付きやすい症状です。疑いがある場合は早めに専門医の診断を受け、できるだけ早く治療を開始しましょう。初期の症状であるほど進行を食い止められると言われています。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ