腰部脊柱管狭窄症

このページでは、背骨の加齢にも大きく関係する腰部脊柱管狭窄症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

痛みの具合や症状から知る腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症について説明する前に、まず脊柱管について簡単に説明しておきましょう。

背骨は腰から頸まで椎骨という骨が細かく積み重なって構成されています。この椎骨を断面で見ると中央部に空間があって、椎骨が積み重なった状態で貫通するようになっている部分を脊柱管といいます。

ここには神経が通っていて、頸椎から胸椎にかけての部分は脊髄、腰椎部分は神経の束や血管が通っています。特に神経は脊柱管から全身へと分岐していく、人体にとって重要な部分といえます。

主な症状は腰痛よりも足の痛み・しびれ

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は、下肢の痛み・しびれ・脱力感などで、これらに伴って起こる代表的なものとして、長時間歩くことができなくなり、歩行と休息を繰り返す「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が挙げられます。

これは、立ったり歩いたりするとしびれ・痛み・脱力を感じて歩きにくくなり、腰を掛けるなど安静にすることで一時的にしびれ・痛みが和らぐというもの。しびれが両足・臀部あたりから足全体にわたるものを「馬尾型(ばびがた)」、片足のみしびれるものを「神経根型(しんけいこんがた)」、これらが混在したものを「混合型」といいます。

また、上記以外にも腰痛や排便機能の低下、進行することで安静にしていてもしびれが出るなど、様々な症状が現れてきます。

腰部脊柱管狭窄症が起きる原因とは

そもそも脊柱管は加齢とともに狭くなり、老化現象のひとつでもあります。先天的に脊柱管が狭いケースもありますが、一般的には後天的に起きる脊柱管周辺の変化によって脊柱管が狭くなり、中の神経や血管を圧迫することで症状が出るわけです。

若い世代で腰部脊柱管狭窄症が発症するのは、腰に過度の負担を掛けているような場合で、長時間の車の運転や重労働なども影響することがあります。

脊柱管は幾重にも椎骨が重なっていて、その間には椎間板や靱帯などもあり、それが変形したり膨れたり、位置がズレたりすることで、結果的には脊柱管を狭めてしまうのが腰部脊柱管狭窄症の仕組みといえます。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ