腰椎不安定症

このページでは、慢性腰痛があれば疑っておきたい腰椎不安定症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

腰椎不安定症とは

腰椎は複数の椎骨が積み重なっていますが、それを支える筋肉が衰えると安定を失ってしまい、腰椎不安定症になります。筋肉の衰えというと加齢の影響と思われるかもしれませんが、若い世代にも珍しくない病気であり、普通に立っている状態で痛みを感じるような慢性腰痛の場合、腰椎不安定症が疑われます。

慢性腰痛は高齢者だと珍しくないものですが、日常的に重労働をしている人や座り仕事が長時間に及ぶ人は注意してください。

腰椎不安定症の原因

腰椎を支える筋肉は腹横筋と胸腰筋膜です。これらは運動不足や姿勢の悪さによって筋力が落ちて、腰椎の不安定化につながります。もちろん、加齢に伴って腰椎椎間板や関節、靭帯などが変形したりすることも腰椎の不安定化になります。

腰椎のバランスが不安定になると、その中を通っている脊柱管の神経を圧迫することになり、これが腰痛の原因となります。この状態は腰部脊柱管狭窄症とも診断されます。

一方、脊柱管狭窄が見られないケースもあり、この場合の痛みの原因は主に椎間板や関節包周辺となります。なお、ギックリ腰と呼ばれるのは急性腰痛ですが、慢性腰痛の原因である腰椎不安定症はギックリ腰の原因となるケースも多々あります。痛みは軽くても普段から腰に違和感を感じるような人は、ギックリ腰にも常に注意しておく必要があります。

腰椎不安定症の症状

腰椎不安定症の主な症状は腰痛です。立っていても中腰でも痛みを感じるケースがほとんど。腰椎の神経が圧迫されることによって足の痛みや痺れを感じることもありますが、痛みは腰の方が大きくなります。

他に見られる症状としては間歇跛行や坐骨神経痛があります。間歇跛行は一定時間歩いていると苦痛に感じるほどになり、前屈みになって休めば一時的には歩けるようになる状態。坐骨神経痛は臀部、太ももや膝の裏などに痛みを感じる症状です。

脊柱管狭窄がない場合、症状は腰のみに表れますが、下肢に痛みや痺れが出るようだと、腰椎不安定症に伴う脊柱管狭窄も疑ってみるべきです。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ