腰椎椎間板症の治療法

このページでは、腰椎椎間板症の治療法や手術法について紹介します。

多くは保存療法で症状が軽くなる腰椎椎間板症の手術以外の治療法

腰椎椎間板症は通常の診断やレントゲン撮影だけではわかりにくいといわれています。MRIを使ってようやく椎間板の異常がわかるといった具合で、治療においてもよほどひどい状態でなければ基本的には保存療法で治療を行います。

薬物療法は他の腰椎疾患と同様、鎮痛剤の服用など。装具療法はコルセットの装着です。多くの場合はこれらで症状が軽くなります。

なお、MRI画像で椎間板の異常が判明した場合でも、必ずしも腰痛が起きるわけではありません。そういう意味では、腰椎椎間板症の診断は専門医による経験やノウハウが必要で、専門外の病院だと腰椎椎間板症であることを見落としてしまう可能性もあるので注意してください。

並行して、日常生活の見直しをする必要もあります。姿勢を正したり、長時間同じ姿勢をすることのないように注意するわけです。急な腰の動きを避けたり、重い物を持ち上げる時は膝を曲げてゆっくり上げるようにするといったことも忘れないこと。症状が軽い段階でも腰に高負荷をかけてしまうと、それが引き金になって症状を悪化させてしまうこともあります。

腰椎椎間板症の手術法とは

日常生活に支障が出るほどの腰痛に悩まされている腰椎椎間板症なら、手術を行う必要もあるでしょう。代表的な術式は、ダメージを受けた椎間板を除去して、骨盤の骨を移植する脊椎固定術です。手術で問題がないかの確認は椎間板造影という検査をするのですが、この検査には入院が必要となります。

脊椎固定術は腹部からアプローチするOLIFやXLIFといった前方固定術と、背中からアプローチするPLIFなどの後方固定術とがあります。患部までのアプローチは後方固定術の方が容易ではありますが、前方固定術の方が身体への負担が少なく、直接患部にアプローチできるといった特徴があります。なお、手術後は数ヶ月間にわたってコルセットを装着して生活することになるでしょう。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ