脊椎分離症の治療法

脊椎分離症は椎間関節の基本となる骨、椎体と椎弓が疲労骨折して分離することをいいます。

脊椎分離症が発症した方や、脊椎分離症の恐れがある方向けに、脊椎分離症の治療法や対策についてご紹介したいと思います。

脊椎分離症の厄介なところとは

脊椎分離症は通常の腰痛と区別が付きにくく、自覚症状が出ないこともあるため、10代のころに発症していた脊椎分離症が大人になるまで発見されないこともあります。

脊椎分離症を完治するためには、早期発見が鍵となるのです。

脊椎分離症の主な症状

上記でお伝えしたとおり、脊椎分離症は自覚症状がない場合もありますが、最も多くの方感じる症状は、腰痛です。

とくに前屈する場合や腰を反らせる動作をとった際に激痛を感じることが多いです。それだけではなく、長時間同じ姿勢を続けることで痛みが増す場合があります。

腰痛だけでなく、おしりから足にかけてしびれを感じることも。

脊椎分離症を早期発見するためのポイント

少しでも脊椎分離症の疑いがある場合は、レントゲン、MRI、CT検査などを受けるようにしましょう。

成長期の子どもに起こりやすい早期の分離症は、レントゲン検査で見落とす可能性が高いです。

子どもが、長期的な腰痛があることを伝えてきた場合は、ただの腰痛と思わずに、病院に行きMRIやCT検査を受けましょう。

早い段階でこうした検査をしっかり受けることが脊椎分離症の早期発見へとつながります。

脊椎分離症の治療方法

発見する

脊椎分離症の治療をする際は、症状の進行具合によって治療法が異なります。ここで段階別の治療方法をお伝えしたいと思います。

早期発見できたケース

脊椎分離症の治療に効果的なのは、骨折した部分を固定することです。コルセットやギプスを使って、疲労骨折した部分を固定することで、骨がくっつく可能性があります。

ただし、治療期間中は運動を禁止とし、安静にしなければなりません。成長期の子どもの場合は、学校の体育や部活動を休まなければならないため、辛抱が必要です。

固定しても治らなかった場合

コルセットやギプスによる固定をしても、脊椎分離症が治らなかった場合は、骨を固定しながら注射や投薬を行い、症状が収まるかどうかを判断します。

薬物療法では、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などを使用します。同時に温熱療法を試す場合もあります。低周波などの電気療法や、ホットパック、赤外線など。

固定してもダメなら手術が必要になる

上記の流れで治療しても、脊椎分離症が治らなかったケースや、はじめから重症であると判断された場合は、手術を行います。

手術にはいくつか種類がありますが、一般的に重症化が認められた時点で、脊椎固定術という方法を用いられることが多いです。

脊椎固定術は、チタン合金の器具などを脊椎に入れて固定します。骨を移植してくっつける場合もあります。

脊椎分離症は、分離部修復術や分離部切除術により治療していきます。まずは、分離部修復術から説明しましょう。

分離部修復術は、分離した部分の骨をくっつける手術で、椎間板や分離部などの組織に変性がみられない際に用いられる方法です。

一方、分離部切除法は、分離部周辺の神経が障害を受けている場合に行われることがあります。いずれにせよ、脊椎分離症の進行具合をみながら、適した手術法が決定します。

脊椎分離症と診断されてから気を付けるべきこと

脊椎分離症は、脊椎部分の骨が疲労骨折することで引き起こります。成長期の子どもが運動をする際に、腰の部分に負担がかかることが原因とされていますが、子どものころは気が付かずに、大人になってから症状が発覚する方も多くいます。

また、自覚症状がない場合もあるので、脊椎分離症と診断されてからもいつも通り運動を続けてしまう方がいるのも現状です。

しかし、いくら痛みがなくても疲労骨折していることに間違いありませんので、脊椎分離症が発覚してからは、治るまで激しい運動を控えて安静にすることが絶対条件といえます。

また、自覚症状がある場合でも多少の痛みであれば大丈夫と無理する方がいますが、腰痛を抱えたまま無理に身体を動かすことは腰痛悪化の原因にもなりかねません。

治療期間が長くなる場合や、骨がくっつくことはないと診断された場合は、今抱えている症状と今後どう付き合っていくか考えることが大切です。

自覚症状がない場合は難しいですが、少しでも腰痛を感じるようでしたら、どういう動作をすることで腰が痛くなるのか、どのくらい負担をかけてしまうと腰痛がひどくなるのかなどご自身の状態をしっかり把握しましょう。

また、仕事で立ち仕事をしている方は、腰痛が悪化しないように日頃からコルセットなどを着用して腰への負担を減らす工夫をしてください。場合によっては仕事内容を変えることも検討すべきかもしれません。

脊椎分離症を予防する方法

海辺でストレッチする女性

成長期に脊椎分離症になる子どもの多くは身体が硬いです。とくに、太ももの後ろのハムストリングスが硬いと、腰椎に負担をかけてしまう可能性が高いです。

また、前屈をした際に床に手が届かない場合は、ハムストリングが硬い証拠なので、ハムストリングスを柔らかくする必要があります。

お風呂上りにストレッチをすると、ハムストリングスも柔らかくなりやすいので、ストレッチを日々の日課にすると良いでしょう。ここで、ハムストリングスをやわらかくするためのストレッチ方法をお伝えします。

片脚ストレッチ

どんなに柔軟性がなくても簡単にできる立位片脚ストレッチからご紹介します。まずは、足を肩幅に開いてください。

背中をまっすぐに伸ばしてから、おへそがももに付くイメージで、上半身を前のほうにゆっくりと傾けていきましょう。

十分にハムストリングスが伸びていると感じたら、その姿勢でキープ。ゆっくりと呼吸をしながら30秒くらい停止しましょう。

ジャックナイフストレッチ

まずは、その場にしゃがみ、ご自身の足首をしっかりと握ります。次に、胸と太ももをぴったりとくっつけてください。

このとき、胸と太ももが離れないように注意しましょう。そのままの姿勢で、膝をできるかぎりまっすぐ伸ばして10秒数えます。

この動作を3~5セットを目安に、1日2回必ず行うようにしましょう。子どもの頃は、身体が硬くしてもストレッチのやり方次第でいくらでも身体がやわらかくなるので、毎日持続させるようにしましょう。

開脚ストレッチ

床におしりをつけて背中が丸まらないように、脚を軽く開きます。次に、かかとを床につけながら膝を軽く曲げてかかとをお尻側に軽く引いてください。

そのまま背中をまっすぐのばし、おへそを床にゆっくりと近づけるイメージでゆっくりと上半身を床に近づけていきましょう。

ハムストリングスがしっかりと伸びていると感じたら、その状態で30秒キープします。1日2回を目安にストレッチを行うようにしましょう。

まとめ

脊椎分離症の治療法から予防法まで紹介しました。脊椎分離症は、簡単に治るものではありませんが日頃の生活の送り方によって、悪化を防ぐことはいくらでもできます。

とくに成長期のお子さんがいる場合は、安静に過ごすよういわれていても、なかなか難しいかもしれません。

しかし、脊椎分離症であることが発覚した以上、自然に治癒することはありませんので、1日も早く骨が固定するためにも、腰部分に負担がかかるような動きは絶対にさせないように気を付けることが大切です。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ