腰椎すべり症

このページでは、腰椎のズレが痛みの原因となる、腰椎すべり症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

高齢者や女性に多い腰椎すべり症という病気の概要

腰椎すべり症ですべりと呼んでいるのは腰椎がズレてしまうこと。腰椎が滑ってズレてしまい、それが元に戻らないと痛みの原因となり、高齢者及び女性によく見られる腰椎疾患といえます。

本来、腰椎は複数が積み重なった状態を関節や靱帯によってしっかり保護されているから、背骨として真っ直ぐな状態を維持できるわけです。それがきちんと支えられなくなると腰椎が滑って元に戻らなくなるわけです。

腰椎すべり症の原因

腰椎すべり症が起きる原因は先天性や発育性のものもありますが、ここでは腰椎の病気をきっかけとして起きるケースを紹介しておきます。

変形性腰椎症を原因とする腰椎すべり症

加齢に伴って骨や関節はある程度変形しますし、軟骨はすり減っていきます。これは腰椎にも起こる事象で、変形性腰椎症になると腰椎を支える機能が弱まって、前方に滑りやすくなるわけです。これが高齢者によく見られるケースで、腰椎変性すべり症と呼ばれます。

腰椎分離症を原因とする腰椎分離すべり症

スポーツなどの激しい動作が積み重なって、腰椎が疲労骨折することがあります。このように腰椎の一部が骨折してしまうと、バランスが悪くなって腰椎が滑りやすくなるわけです。この場合は腰椎分離すべり症と呼ばれます。腰椎分離症のすべてが腰椎分離すべり症になるわけでなく、割合としては10~20%といわれています。

腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の代表的な症状はもちろん腰痛です。これは軽いものから重いものまで、状態によってかなり幅があります。

加齢に伴う腰椎すべり症だと、痛みも数年かけて強まっていくので、違和感を感じることはあっても腰の病気だと自覚するのはなかなか容易ではありません。かなりの痛みになる頃には慢性化していて、坐骨神経痛を併発するようなケースも見られます。

他に見られる症状では、下肢痛や間歇跛行があります。腰椎の神経が圧迫されるなどのダメージを受けると、脚に痛みや痺れを感じますし、筋力低下にもなります。間歇跛行とは、長時間の歩行によって痛みが増した際、前屈みになって休憩をすると一時的には痛みが和らぐ状態を意味します。

また、人によっては残尿感や頻尿、便秘などの膀胱直腸障害を発することもあります。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ