後縦靭帯骨化症

このページでは後縦靭帯骨化症(OPLL)について、原因や症状、特徴などを紹介します。

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

椎体の後面に着いている後縦靭帯が骨になってしまう疾患です。骨化により大きくなった靭帯が脊髄の中にある脊柱管や神経根を圧迫。それにより、体幹の痛みや手足のしびれが発生し、悪化すると感覚・運動障害などの神経症状を引き起こす可能性もあります。

後縦靭帯骨化症は、骨になってしまう位置によって、頚椎後縦靱帯骨化症・胸椎後縦靱帯骨化症・腰椎後縦靱帯骨化症にそれぞれ分類。ひどい場合には脊椎の靭帯や膝、股関節など、脊椎以外の靭帯の骨化を合併していることがあります。

靭帯が骨になってしまう人の割合は、脊椎に関する一般外来患者の約3%です。しかし、レントゲン写真で骨化していたとしても、症状がでるのはごく一部。中年期以降に症状があらわれることが多く、中でも50代前後が特に発症しやすいと言われています。

後縦靭帯骨化症の原因

後縦靭帯骨化症の原因はまだわかっていませんが、糖尿病や肥満の人は発症頻度が高いようです。また、遺伝的な要素も関係していると言われており、兄弟に頸椎後縦靭帯骨化症を発症している人がいると、30%の割合で症状があらわれます。東洋人の中でも日本人に多く見られる疾患で、年齢とともに発症頻度が増える傾向。60歳以上は約1割の人に症状があらわれます。後縦靭帯骨化症は珍しい病気ではなく、日本人であれば誰でもなる可能性がある病気なのです。

後縦靭帯骨化症は、軽い症状でおさまる人が多く、認知度は低め。しかし、症状が悪化すると歩けなくなる可能性があるため、適切な治療と経過観察が必要です。

厚生労働省の特定疾患に認定されており、症状の重い人は国から治療費が助成されます。背筋にこりを感じる人や、手足にしびれを感じる人は、早めに診察を受けるようにしましょう。

後縦靭帯骨化症の症状

後縦靭帯骨化症は、骨化する位置によって症状が異なるのが特徴です。

頚椎で骨化してしまうと、首筋や肩甲骨周辺、指先の痛みやしびれなどの症状がでてきます。進行するにつれて痛みやしびれの範囲が広がり、感覚障害・脚を動かしづらくなる運動障害・細かい作業が困難になる巧緻運動障害などを発症。重症になると歩行が困難になったり排尿や排便の障害が起きたりと、一人で日常生活を送りづらくなることもあります。

後縦靭帯骨化症は発症したすべての人が悪化するわけではありません。半数以上の人は数年経過しても症状があらわれないようす。ただし、神経障害や運動障害などの進行性の場合は、手術を受けなければなりません。

また、症状が軽い人でもちょっとした転倒を機に急に手足が動かしづらくなることや症状が強くなることもあります。気になる人は病院で検査を受けてみましょう。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ