変形性腰椎症の治療法

変形性腰椎症の治療法

このページでは、変形性腰椎症の治療法や手術法についてまとめてみました。

変形性腰椎症の一般的な治療法

変形性腰椎症の主な原因は加齢による老化であるため、強い痛みやしびれなどの症状がない場合は、手術以外の方法で症状を緩和させるのが一般的です。さまざまな治療法をみていきましょう。

薬物療法

神経を圧迫されることによって起こる痛みを、薬で和らげる方法です。鎮痛作用のある「非ステロイド性消炎鎮痛薬」が用いられます。痛みの原因が、筋肉や血行に影響を及ぼしている場合には「筋弛緩薬」の服用や血行改善の薬が処方されます。

神経ブロック療法

強い痛みがある場合は、神経や周囲に麻酔を行い、痛みを取り除く方法です。神経ブロックは注射によって行われ、注射を行う場所によって注射の種類が異なります。腰痛には、効果のあるとされる硬膜外ブロック注射や、筋肉へ注射するトリガーポイント注射が行われるそうです。神経ブロック注射には、痛みが痛みを引き起こす悪循環を防ぐという効果があります。

理学療法

  • 温熱療法
    身体を温めることによって腰の痛みを軽減する方法です。変形性腰椎症は、変形した腰椎が、周りの筋肉や血液の流れに影響を与えることによって腰痛やしびれなどを引き起こしています。そのため、身体を温めると血行が促進され、痛みやしびれなどの症状が改善されます。ホットパックや機械、またはお風呂で身体を温める方法も効果的です。
  • 運動療法
    痛みの軽減や運動機能を回復させることを目的として、体操やストレッチで身体を動かす方法です。変形性腰椎症は、痛みがあるからと動かなかったり、安静にしすぎたりしていると逆に悪化してしまいます。身体を動かすと、だんだん痛みが緩和されるので、運動療法は効果的な治療方法のひとつです。しかし、腰に過度な負担がかかると、逆に悪化させてしまう可能性があるため、医師や専門家と相談したうえで行うと良いでしょう。変形性腰椎症では、腰をそらす動きは、悪化してしまう可能性があるので、避けたほうが良いとされています。

装具療法

腰痛は日々の姿勢や歩き方、立ち方を工夫することによっても軽減されます。そのため、コルセットやサポーターなどで腰を固定することによって、腰の痛みを軽減できます。しかし、長時間コルセットを使用することで、筋肉が萎縮してしまい、逆に悪化させてしまうことにもつながります。コルセットなどで腰を固定するのは、重いものを持つときなど、腰に負担をかけてしまうような場合や痛みがひどい時などに、限定するべきです。

変形性腰椎症の手術法

変形性腰椎症は、手術以外で治療するのが一般的ですが、あまりにも強い痛みなどの症状がある場合、原因を取り除く手術が行われます。ここでは、変形性腰椎症に行われる手術を紹介していきます。

骨棘切除術

骨棘切除術は、痛みの原因である神経に刺激を与えている「骨棘」と呼ばれている部分を切除して、痛みの原因を取り除く手術です。骨棘は、骨組織への刺激により、トゲ状に変化した椎骨の一部のことを指します。

除圧固定術

腰椎が変形し、周りの神経を刺激することで、痛みやしびれを生じている場合に、痛みを軽減するために行う手術です。神経を圧迫している部分を取り除く手術なので、痛みの軽減が期待できます。

腰椎固定術

腰椎固定術は、椎間板のすり減りによって、不安定になってしまっている腰椎を、固定器具などを使って、固定する手術です。痛みの原因になっていた神経への圧迫を取り除くことで、痛みを緩和させることができます。

変形性腰椎症の検査方法

X線検査/MRI検査

変形性腰椎症は、X線検査で椎間板の変形や腰椎自体に骨棘が形成されているかなど確認することによって分かります。痛みやしびれなどの神経症状がある場合、MRI検査をすることによって、他の疾患の区別をつけることができるようです。

変形性腰椎症の合併症

変形性腰椎症は、腰椎の骨と骨の間でクッションのような働きをしている椎間板のすり減りによって起こるものなので、加齢とともに起きる自然な現象といえるでしょう。そのため、椎間板の変化の度合いによって、さまざまな疾患を併発する可能性が高いといえます。

椎間板変性症

重いものを持つなどの腰を動かす動作を行うことで、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板に傷がついたりすり減ったりと、変形していくことが原因で、腰痛を引き起こす疾患です。椎間板の変形がどのように進むかによって、腰椎の痛みなどさまざまな症状を引き起こします。

椎間板ヘルニア

骨と骨の間にある椎間板が変形し、骨と骨の間を飛び出し、神経を圧迫することによって腰の痛みを引き起こします。椎間板の変形によって起こるので、椎間板ヘルニアの人は、変形性腰椎症になりやすいようです。

腰椎変性すべり症

腰椎の一部がズレてしまうことにより、起こります。腰椎変性すべり症の原因が、椎間板の加齢によるすり減りや傷がついてしまったことが原因になり起こることもあります。

腰部脊柱管狭窄症

変形した腰椎が、背骨部分にある神経の通り道の役割を果たしている脊柱管を圧迫することによって、足の痺れや痛みや冷え、排尿障害などを引き起す疾患です。大きな特徴としては、連続で歩き続けることができなくなるといった歩行障害があります。

腰部変性後湾症

腰椎が変形したことによって、腰が曲がりの状態になる疾患です。背骨が後ろの方に曲がってしまう症状のことを腰部変性後湾症といいます。主に、加齢による椎間板のすり減りによって起こるので、高齢者に多く見られる症状です。

術後のリハビリについて

手術を終えた後はリハビリが大切

変形性腰椎症は、加齢によって起こる腰椎の変形による疾患であり、一般的な老化現象のひとつです。そのため、変形してしまった腰椎を完全に元に戻すことが、難しく手術などが行われるのは、強い痛みやしびれを取り除くためになります。手術などによって、完全に元に戻すことが難しいため、手術を終えた後は医師の診断を受けてから、ストレッチをはじめとした運動療法を行います。日頃から座り方や立ち方など、腰に負担をかけない正しい姿勢を心がけることが良いとされています。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ