腰椎椎間板症

このページでは、椎間板の変形が腰痛となる腰椎椎間板症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

クッション性の劣化による腰椎椎間板症とは

脊椎は椎骨が順番に積み重なって長い背骨を構成しています。その椎骨と椎骨の間にある軟骨が椎間板です。椎間板の中央部分は髄核というゼラチン状の物質で、その周囲を繊維輪という軟骨が囲んでいて、この軟骨とゼラチンとがクッションの役割をすることで、背骨にかかる負荷を吸収分散しているわけです。

ところが、この椎間板のクッション性がなくなってしまうと腰にダメージを与える腰椎椎間板症となります。腰椎椎間板症は椎間板ヘルニアの前段階ともいわれますが、発見が難しい面もあり、腰痛があってもそれが腰椎椎間板症だとは気付かないことがしばしば。筋肉痛と勘違いして、マッサージや湿布をしても症状は改善させず、むしろそのまま悪化させてしまうことになるわけです。

腰椎椎間板症の原因

椎間板は20歳を過ぎれば誰でも老化していくもので、これは避けようがありません。加齢に伴って水分が減っていき、クッション性能が落ちていくわけです。このような状態で背骨に強い衝撃を受けると、それを和らげることができないために髄核が潰れてしまったり、繊維輪に亀裂が入ってしまうのです。もちろん、強い衝撃だけでなく、長年の腰への負荷があれば、それが蓄積して脊椎板にダメージを与えることもあります。

こうした腰へのダメージが溜まりやすいのは、同じ姿勢を長時間続ける人や立ち仕事、前屈みでの作業が多い人。デスクワークや運転手、農業従事者などはこれにあたります。また、スポーツや重労働で腰の激しい動作や高負荷をかけることも原因となります。特に、膝を曲げずに重い物を持ち上げる時はギックリ腰を発症するリスクもあるので注意してください。

腰椎椎間板症の症状

腰椎椎間板症の症状は基本的に腰周辺で起きます。足の痺れや痛みは感じないのが特徴ともいえるでしょう。腰は痛みだけでなく重さや怠さを感じることがあります。特に前屈みになった時に強い痛みを感じるようなら、腰椎椎間板症を疑ってみてください。また、マッサージなどをしても痛みが減らないのも腰椎椎間板症の特徴です。

さらに、腰を後ろに反らせると痛みが緩和する、同じ姿勢をとりつづけることが難しい、立っているよりも座っているときのほうが痛みが強いといった症状も。腰椎椎間板症はお尻近くの椎間板に発症しやすいため、前かがみになるときと座っているときに負担がかかりやすいです。椎間板がつぶれているかどうかはレントゲン検査だけでは発見しにくいため、検査で何も言われなかったからといって安心するのは注意が必要。少しでも症状が当てはまったら、軟骨まで映せるMRI検査をしてもらうのをおすすめします。

腰部椎間板ヘルニアとの関係

腰椎椎間板と似た症状が起こる病気としてあげられるのが「腰部椎間板ヘルニア」。腰に激痛が走る病気として有名なので、一度は耳にしたことがある人が多いと思います。腰部椎間板ヘルニアも腰椎椎間板所も背骨の椎骨の間にある軟骨やゼラチンのクッション性が失われることが発生の原因になるのは同じ。ただ、ヘルニアの場合は椎骨によって押しつぶされた軟骨が変形し、神経を傷つけてしまっている状態を指します。

腰椎椎間板症が悪化した状態が腰部椎間板ヘルニア、と考えておくとわかりやすいでしょう。一度変形した軟骨を元の状態に戻すのは難しいため、腰部椎間板ヘルニアのほうがより複雑な治療が必要になってしまいます。腰椎椎間板症であればストレッチによる姿勢矯正やコルセットでの背骨固定での治療が一般的ですが、腰部椎間板ヘルニアになると背中を切開して椎間板を摘出する手術や、レーザーを使って変形してしまった軟骨を蒸発させる手術をする場合も。腰椎椎間板症の疑いがある方は腰部椎間板ヘルニアへ悪化する前に対処することが大切です。

腰椎分離症・すべり症との関係

腰に痛みを感じる病気であげられる病気には「腰椎分離症」や「すべり症」などもあります。背骨は椎骨が積み木のように積み上げられて形成されていますが、椎骨をつなげている関節や靭帯が何らかの原因で機能しなくなり、一部分の椎骨だけが分離してしまっている状態のことです。知らぬ間に進行していくことが多いので激痛が起こることはありませんが、ちょっとした違和感ほどの痛みが慢性的に続きます。

腰椎椎間板症と共通して見られる症状は同じ姿勢で長時間過ごすと腰に痛みを感じること。逆に腰椎椎間板症と違って、背中を反らせたときに痛みを感じたり、脚に痛みや痺れが発生するといった特徴があります。腰椎分離症・すべり症は痛みが少ないため我慢してしまう人も多いですが、症状が悪化すると歩行や排泄がスムーズにいかなくなることも。腰椎椎間板症もすべり症も似たような症状の病気ですが治療法が異なり、間違えると逆に腰痛を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

腰椎椎間板症になりやすい人

腰椎椎間板症になりやすい人の特徴には以下のものがあります。対策方法も含めてチェックしてみてください。

20~50代の男性

とくに20~30代の働き盛りの男性は、重労働で腰に負担をかけることが多いので発症する確率が高まります。10代は成長途中なので椎間板の老化が起こりにくく、60代以降だと老化で椎間板が固くなるため発症率は低め。重いものを持つときはなるべく腰の近くで支える、日頃から正しい姿勢を意識することが大切です。

腰に負担をかける姿勢や動作が多い

前かがみの中腰姿勢になることが多い、長時間同じ姿勢をとってしまう、ゴルフや野球など腰をひねるスポーツをしている、と言う人は腰椎椎間板症になりやすいです。仕事柄仕方ない場合もありますが、定期的に整体へ行って身体をメンテナンスするなど気をつかうようにしましょう。

運動不足・肥満

運動不足による血行不良や体重増加による腰への負担増加があるため、普段運動する習慣がなく太り気味の人は注意が必要。ダイエットをすることで腰への負担が取り除かれ、血行促進もされるので腰痛対策になります。

痩せすぎ・高身長

筋肉が細い人は腰を支える力が弱いので腰椎椎間板症を発症するリスクが高め。身長が高い人も、人と話す時や低い位置の物をとるなど、腰を曲げる動作が多くなるので腰への負担が増えます。腰回りの筋肉を鍛えることで負担を軽減させましょう。

たばこをよく吸う

ニコチンがもつ血管収縮作用によって身体の血行が悪くなるため、腰回りの血流が滞り椎間板の老化が進んでしまいます。腰痛がひどい場合はなるべくたばこを控えるようにしてください。

予防や避けるべきこと

腰椎椎間板症の予防には「腰へ負担がかからないような生活習慣」を意識することが一番です。正しい姿勢や適度な運動を心がけることで椎間板の老化を防ぐことに繋がりますよ。

まずは正しい姿勢を意識してみましょう。アゴを引き、頭の上からひもで引っ張られているようなイメージで背筋を伸ばした状態がベスト。肩の力を抜いて腹筋に力を入れます。背中が丸くなったり、上半身が反りすぎたり、お腹が前に突き出る姿勢は良くないのではじめは鏡でチェックしながら姿勢を正してみるのがおすすめです。正しい姿勢であっても長時間同じ姿勢でいると椎間板がつぶれてしまうので、定期的に体を動かすのを忘れないようにしてください。

「重い荷物を持つ」「体をねじる」といった行為は腰に負担をかけるので避けましょう。仕事柄そのような動作をとる場合が多いときは、腰回りの筋肉を鍛えることで負担を軽減することができます。激しい運動ではなく、軽いウォーキングや腹筋・背筋を毎日継続するのが最適です。

自力で腰椎椎間板症を治すには?

腰椎椎間板症による腰痛を改善するには、ストレッチが有効と言われています。

上体反らし体操

  1. 1.うつぶせになり両手を肩幅にひらいて床へつけます。下半身は力を抜いたまま、上体を起こしましょう。
  2. 2.ひじを伸ばし、痛みに耐えられる程度まで腰を反らせます。1の状態で腰に痛みを感じる場合は無理に反らせなくても構いません。
  3. 3.ひじを伸ばした状態を1~2分キープし、うつぶせに戻ります。これを10回ほど繰り返せば完了です。

壁押しストレッチ

  1. 1.壁に向かい合い、両足を前後に大きく開いて立ちます。
  2. 2.前に出した足の膝を曲げ、両手で壁を押しながら腰をゆっくり反らしましょう。その状態を数秒キープします。
  3. 3.腰を反らして元の状態に戻す、を10回繰り返して終了です。

自己判断のストレッチは悪化を招くこともあるので要注意!

ストレッチによる腰椎椎間板症の治療は、実際に医療機関でも取り入れられているので、腰痛の改善に効果があるでしょう。しかし、腰痛を引き起こす病気は腰椎椎間板症以外にもあり、場合によってはストレッチが症状の悪化を招いてしまう可能性があります。悪化して外科手術が必要になってしまった、ということがないように腰痛があれば必ず医療機関で原因を探りましょう。また、ストレッチは一時的に痛みをやわらげるだけで、腰痛の原因を完全に取り除いてくれるものではないので、医療機関での治療をおすすめします。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ