腰椎椎間板症

このページでは、椎間板の変形が腰痛となる腰椎椎間板症について、症状の特徴や原因などを紹介します。

クッション性の劣化による腰椎椎間板症とは

脊椎は椎骨が順番に積み重なって長い背骨を構成しています。その椎骨と椎骨の間にある軟骨が椎間板です。椎間板の中央部分は髄核というゼラチン状の物質で、その周囲を繊維輪という軟骨が囲んでいて、この軟骨とゼラチンとがクッションの役割をすることで、背骨にかかる負荷を吸収分散しているわけです。

ところが、この椎間板のクッション性がなくなってしまうと腰にダメージを与える腰椎椎間板症となります。腰椎椎間板症は椎間板ヘルニアの前段階ともいわれますが、発見が難しい面もあり、腰痛があってもそれが腰椎椎間板症だとは気付かないことがしばしば。筋肉痛と勘違いして、マッサージや湿布をしても症状は改善させず、むしろそのまま悪化させてしまうことになるわけです。

腰椎椎間板症の原因

椎間板は20歳を過ぎれば誰でも老化していくもので、これは避けようがありません。加齢に伴って水分が減っていき、クッション性能が落ちていくわけです。このような状態で背骨に強い衝撃を受けると、それを和らげることができないために髄核が潰れてしまったり、繊維輪に亀裂が入ってしまうのです。もちろん、強い衝撃だけでなく、長年の腰への負荷があれば、それが蓄積して脊椎板にダメージを与えることもあります。

こうした腰へのダメージが溜まりやすいのは、同じ姿勢を長時間続ける人や立ち仕事、前屈みでの作業が多い人。デスクワークや運転手、農業従事者などはこれにあたります。また、スポーツや重労働で腰の激しい動作や高負荷をかけることも原因となります。特に、膝を曲げずに重い物を持ち上げる時はギックリ腰を発症するリスクもあるので注意してください。

腰椎椎間板症の症状

腰椎椎間板症の症状は基本的に腰周辺で起きます。足の痺れや痛みは感じないのが特徴ともいえるでしょう。腰は痛みだけでなく重さや怠さを感じることがあります。特に前屈みになった時に強い痛みを感じるようなら、腰椎椎間板症を疑ってみてください。また、マッサージなどをしても痛みが減らないのも腰椎椎間板症の特徴です。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ