頚椎症の場合の手術と治療法は?

このページでは首や肩が圧迫され痛みやしびれをきたす頚椎症の手術や治療法について紹介します。

治療法・手術法

頚椎症にはくつかの治療法があります。外科的手術を行う場合もありますが、始めは手術を行わず、一人ひとりにあった保存療法からスタートするのが一般的です。ここでは主な治療法を紹介します。

装具療法

痛みのある箇所を安静に保ち、痛みを和らげる治療法です。上肢のシビレや痛み・筋力低下を感じたとき、首に「頚椎カラー」を装着します。装具することによって、神経根の炎症が抑えられ改善していくことが目的です。装着期間は2~3ヶ月ほど。2週間ほど付けてみて変化がなかった場合は他の治療に移る場合があります。

薬物療法

主に痛み止めの役割として薬物療法が用いられます。「非ステロイド性炎鎮痛薬」が使用されることが多いのですが、鋭い痛みやしびれといった神経に関わる痛みには「神経障害性疼痛治療薬」が用いられることがあるようです。また、筋肉の緊張をほぐしたり軽くしたりするために「筋緊張弛緩剤」が使われることもあります。

牽引療法

頚椎にかかった圧力を弱め、神経障害や痛みを抑える目的で行われる牽引療法。顎や首のあたりにベルトを装着し、一定の力で上から引っ張ります。体重のおよそ10分の1の力を目安にし、患者一人ひとりの体力や体形などによって調節していく治療法です。

温熱療法

温熱療法は、痛みのある箇所を直接的に温めて痛みを和らげる治療法です。「ホットパック」といった電動熱を用いたものが代表的。その他にも赤外線を照射する方法や超音波で温める方法があります。

理学療法(リハビリテーション)

温熱療法を含め運動療法や電気刺激を使った治療法が理学療法およびリハビリテーションになります。身体を動かしたり、マッサージを行なったりして身体機能の改善を目的としています。

神経ブロック療法

局所麻酔を注射して痛みをなくす治療法です。整形外科・ペインクリニック・麻酔科などで使用されています。薬物療法と合わせて何度か注射を打っていく方法が一般的です。

手科的療法

頚椎症の場合、すぐに外科的療法を行うことはほとんどありませんが、症状に合わせて治療を行っても症状や痛みが改善されない場合は、手科的療法で症状の改善を目指します。手術は頚椎前方到達法と頚椎後方到達法があり、どこを切開するか症状によって変化。神経根を徐切する場合は前方から、広範囲の痛みは後方から手術を行います。

検査方法

頚椎症の検査では問診・診察(身体所見)・レントゲンを行いますが、まずは身体所見でいくつかのテストを実施します。ここでは検査で行われるテストをいくつか紹介します。

ジャクソン試験

神経根刺激症状を確認するジャクソン試験。首を後ろ側に反らせたのち、頭部を下へ圧迫します。その際に腕に痛みがあれば頚椎症の疑いがあると判断されるのです。

スパーリング試験

痛みのある箇所に首を曲げたと同時に後屈して頭部を圧迫させます。その際に上腕に痛みやしびれがあれば陽性だと判断される試験です。

レルミット徴候

仰向けに横になり、頭部を上へと持ち上げた際に下肢や背中に痛みがあった場合、頚椎症が疑われます。

10秒テスト

グーとパーを10秒以内に何回できるかで症状を確認。もし10秒以内に20回以下しかできなかった場合は細かい指の動きに支障がでる巧緻性障害だと判断されます。

筋力試験

上腕二頭筋、上腕三頭筋の筋力が低下していると頚椎症性神経根症だと考えられます。確認するために肘を曲げ伸ばしたり、手首を動かしたりして筋力の試験を行うのです。

画像検査

X線検査(レントゲン検査)やMRI検査による画像検査を行います。その画像から骨棘形成の有無や頚椎の骨の状態を確認するのです。

頚椎症の症状があった場合、整形外科や神経外科、神経内科に受診する方が一般的です。もし症状が重いと感じたら脊椎の治療・手術を専門とする整形外科や脊椎外科を受診すると良いでしょう。

手術の安全性・合併症について

手術の安全性

脊髄への圧迫による痛みやしびれなどを改善する目的に行われる頚椎症の手術。圧迫を無くして頚椎を固定することが目的となります。手術の際は顕微鏡を用いながら行われるようです。血管や神経などがはっきり見える状態で手術が行われるので、比較的安全だと言えるでしょう。

考えられる合併症

手術を行うときに合併症になってしまう可能性もゼロではありません。医師の腕が合併症のリスクにも関わるため、病院選びは重要です。

  • 頚動脈や食道の損傷
  • 硬膜の損傷
  • 脳脊髄液が創部から体外へ漏れる
  • 髄膜炎
  • 四肢麻痺・上肢麻痺(手術で使用するドリルによる脊椎や神経の損傷が原因)
  • 脊髄圧迫
  • 移植した骨の骨折や脱落
  • 創部感染
  • 採骨部のしびれ・痛み
  • 挙上障害
  • 深部静脈血栓症
  • 肺炎(感染症)
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ