頚椎症

このページでは頚部に痛みが生じる頚椎症(けいついしょう)について、症状の特徴や原因などを紹介しています。

頚椎症とは

頚椎症とは頚椎の加齢によって椎間板の変性が起きたり、靭帯が厚く硬くなったりすることが原因で頚部へ痛みが生じる症状を総称したものです。

神経恨や脊髄が圧迫されると、頚や肩甲骨付近、腕、手などにかけて痛み・しびれを生じることも。

頚椎症は障害される部位によって「頚椎症性脊髄症」と「頚椎症性神経根症」の2種類にわけられます。

頸椎症性脊髄症

頚椎部で脊髄が圧迫されて起こる疾患です。肩・上腕・前腕・手指など上肢にしびれが生じ、手を使った細かな仕事に支障がでます。脊髄が圧迫されているので、そのうち下肢への影響も。進行具合によっては手術をしても元の生活に戻るのが難しくなってしまいます。早めに専門医に相談することが大切です。

頸椎症性神経根症

脊髄神経から腕にのびている末梢神経「神経根」が、骨棘という骨の突出から圧迫されている状態。肩から手指先までしびれが強いのが特徴です。

頚椎症は薬物療法や温熱治療、牽引治療などさまざまな治療方法があります。また日頃から頚椎を過度に回さない、うつぶせの姿勢を避ける、頚椎に負担がかからない姿勢を心がける…など日頃から予防に努めることが大切です。

頚椎症の症状

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症それぞれの症状をご紹介します。頚椎症性脊髄症は、はじめは手のしびれや歩行困難の症状が見られ、徐々に四肢の感覚異常・手先の細かい作業が難しくなる巧緻性障害(こうちせいしょうがい)へと進行。ケースによっては排泄機能が障害がされて膀胱直腸障害を起こすことも考えられます。

頸椎症性神経根症は首・方・手指部分にかけて脱力感や痛み、しびれを生じることも。特徴として、症状は片側にのみ見られることが多いようです。それぞれの代表的な症状は以下のとおり。

頸椎症性脊髄症

  • 頚を後ろへそらしたり重い物を持つと頚部に痛みが走る
  • 両手や両足にしびれ感や感覚異常が生じる
  • 刺激を正常に知覚できない(例:何にも触れていないにもかかわらず痛みが生じる)
  • ボタン掛けや字を書くなど手先の細かい作業が困難になる
  • 足を前に出しにくい、歩行がぎこちない、などの歩行障害
  • 排泄機能が障害され、膀胱直腸障害を起こす

頸椎症性神経根症

  • 頚を後ろへそらしたり重い物を持つと頚部に痛みが走る
  • 左右どちらかの手にしびれまたは脱力感を覚える
  • 首から手指へかけての知覚障害により、刺激を正常に知覚することが困難

頚椎症の原因

頚椎のクッション的な役割をもつ椎間板は、20歳を過ぎたあたりから老化現象が始まると言われています。これは、年齢と共に水分が減り弾力性が失われ、その結果ヒビが入ったり、徐々に潰れたりすることが原因です。椎間板の変性は誰にでも起こり得ることで、病気ではありません。脊髄の通り道である脊柱管や椎間孔が狭くなって、脊髄や神経根が圧迫される症状がでたときに、初めて病気だと診断されるようです。

頸椎症性脊髄症

椎体や椎間板が変性して骨棘(こつきょく)という突起を形成。骨棘とは加齢によって誰もが形成される可能性をもっています。これが脊髄を圧迫することで、頸椎症性脊髄症を引き起こすようです。

また椎間板・椎間関節が変性して頚椎椎間が不安定になった結果、頸椎症性脊髄症へつながる場合もあります。

頸椎症性神経根症

椎間板ヘルニアや骨棘形成による頚椎の変性によって椎間孔が狭くなり神経根が圧迫されて、痛みやしびれが生じます。このとき、痛みやしびれが主に片側に集中するのが特徴です。

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ