HOME » 脊椎固定術の手術を受ける前に » 脊椎固定術のリスク、後遺症・合併症について

脊椎固定術のリスク、後遺症・合併症について

 脊椎固定術の合併症

しっかりとした技術と十分な経験を持った医療機関・医師のもとで施術をうければ、脊椎固定術による合併症のリスクはそれほど高くはありません。

ですが、ゼロではないのも事実です。

脊椎固定術で起こりうる合併症としては、切開部からの感染、深部静脈血栓症、神経損傷、硬膜損傷、肝機能・腎機能障害、血栓症などがあげられます。

また、患部へ移植する骨を採取した部分に血腫、痛み、感染などの合併症の可能性があるほか、前方アプローチの脊椎固定術の場合には、血管や臓器の損傷、スクリューの折損の可能性も。後方アプローチの場合にも、脊髄や神経根の損傷をはじめ、脊髄を覆う膜に孔があいて脊髄液が漏れてしまう髄液瘻脊などの合併症リスクがあります。高齢者特有の合併症もあります。「術後せん妄」といって、いきなり前兆もなく暴れだす、入院中なのに退院したと錯覚する、見えないものが見えると言うといった、せん妄状態が起こる症状です。一過性のものなので、たっぷり睡眠をとって休めば翌朝には回復しますので、問題ありません。

いずれも必ず起きるものでもありませんし、必ず起きないものでもありません。病院ではこうした合併症が起きた場合に備えてから手術に入るので、必要以上に身構えることはないでしょう。

こうした合併症が起こることを理解し、病院側が万全の体制であることを確認したうえで治療に挑むようにしてください。 

 

脊椎固定術の後遺症

脊椎固定術に限らず、手術に臨むにあたってもっとも心配なのが「後遺症」ではないでしょうか。

「後遺症が不安で手術に踏み切れない」という方も、決して少なくないはずです。腰椎という、神経の大動脈部分にメスを入れるわけですから、万一のことがあればと考えるとどうしても後遺症の恐怖が頭から離れないのも仕方がありません。

では、脊椎固定術における後遺症にはどのようなものがあるのでしょう。代表的なものとしてはしれ・麻痺があげられます。なかには筋力が低下したり、症状がさらに悪化したりしてしまうというケースも。

とくに注意したいのが、安静時に症状があわれる状態の腰部脊柱管狭窄症です。この場合、脊椎固定術で手術して神経の圧迫原因を除去しても、しびれ・麻痺の残る可能性があることが知られています。

これに対し、立ちっぱなしのときや歩行したときなど、特定の条件のときに下肢の痛みやしびれ、張りなどの症状があらわれる腰部脊柱管狭窄症の場合は、ほとんど後遺症のリスクはありません。

また、腰椎固定術では金具で脊髄を固定して動かせなくするため、その上下に負担がかかって疲労がたまり、腰痛を引き起こすことがあります。

 

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ