脊椎固定術の病院ガイドHOME » 脊椎固定術の手術を受ける前に » 脊椎固定術の手術後に運動などの生活で気をつけること

脊椎固定術の手術後に運動などの生活で気をつけること

無事に脊椎固定術の手術が成功して退院したあと、日常生活においてどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
 
まずは、何よりも「腰に負担を与えないこと」を考えながら生活しなければいけません。たとえば、何気に腰に負担のかかっている就寝・寝起き。畳に布団を敷いて寝るよりも、少なくとも術後半年程度はベッドの使用が望ましいでしょう。
 
また、腰を休ませられるよう、部屋に背もたれのついた椅子を用意しておくのも◎。あまり座高の高くない椅子であることや、ソファーなどのやわらかいものは避けて座面の硬いものに座るのもポイントです。
そして座っているときの注意点としては、足を組まないことがあげられます。足を組むと血流が悪化し、患部に悪影響をおよぼす可能性もあります。そのため、少なくとも術後2か月程度は足を組まないように気をつけましょう。
 
トイレも洋式がベスト。和式はどうしても腰に負担がかかってしまい、患部を悪化させかねません。自宅トイレが和式の場合は、和式便器に設置できる簡易洋式トイレが市販されていますので、利用することをおすすめします。立ち上がるときにつかまれる、取っ手などがあれば尚良しです。
 
コルセットが外れれば、ふつうに入浴してもかまいません。しかし、いきなり湯船にどっぷりつかるのは負担がかかるので、はじめは立つか、もしくは風呂椅子に腰をかけてのシャワーからはじめることをおすすめします。
 
家事をしなければいけない場合も、注意すべきことは多々あります。
掃除機をかけるときはできるだけ柄を長くして持ち、腰を曲げずにすむようにしてください。中腰の姿勢は脊椎固定術の術後には厳禁。
炊事・洗濯についても無理をせず、休憩をとりながらするのが大切です。少しでも疲れや不安を感じたら、15分くらい横になって休んでください。
 
買い物でもカートを利用するようにし、なるべく重いものは持たないように。目安として、持ち上げるものは2kg以内が理想です。
 
車の運転は、薬を服用している間はしないこと。服用していなくても、安全のためにも患部の状態に不安があるのならばしないほうがいいと思います。
患部に問題がなく、医師からも運転OKのお墨付きがある場合も、以前のように乗り込まないようにしてください。まずはお尻のほうから後向きにシートに腰かけ、膝を軽く曲げながらクルっと90度回って正面を向くと、腰に負担をかけずに車に乗り込むことができます。
 
なお、飲酒・喫煙については厳禁というわけではありませんが、しないほうが無難です。とくに喫煙は、骨がくっつくのを阻害する要因となるともいわれているため、しばらくは禁煙したほうがよいでしょう。
 
脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
はじめて脊椎治療をされる方へ
ページの先頭へ