脊椎固定術による脊椎治療最前線

脊椎疾患に有効な
脊椎固定術を紹介します

当サイトでは、脊椎関連の疾病に有効な各種脊椎固定術について、詳しく紹介しています。さらに、脊椎固定術の実績が豊富な病院や、関連する病気などの基礎知識も紹介しているので参考にしてください。

脊椎固定術とは

脊椎固定術とは、患者本人の骨を脊椎に移植したり、または医療用の金属などで脊椎を固定したりすることによって、神経圧迫による脊椎の痛みを取り除く治療法のことです。

脊椎には、体の動きを円滑にしたり、脊椎の中にある中枢神経(脊髄)を保護したりする働きがあります。この脊椎が変形すると、隣接する神経を圧迫し、局所的、またはその神経に連動する部位の痛みを発症させます。

これら脊椎の痛みを改善する治療法として有効なのが、脊椎固定術です。

脊椎固定術の概要

脊椎に外傷を負ったり、長期的な負荷を与え続けてしまった場合、脊椎が変形して神経を圧迫し、腰などに激しい痛みを発症することがあります。痛みの程度は人によって様々ですが、中には寝返りすらできなくなるほどの激痛を伴う人もいます。

外科的な原因としては腰椎すべり症、腰椎分離症、脊椎骨折などが挙げられますが、いずれも脊椎の特定部位(主に腰椎)が不安定になっている状態を指していることに違いはありません。

逆に言えば、脊椎をふたたび安定化させれば、痛みが解消する可能性が非常に高いということ。安定させるために行なわれる有効な治療法が、脊椎固定術と言われるものです。

脊椎固定術にはいくつかの種類があります。いずれにも共通しているのが、患者本人の骨や金属の器具を使って患部を固定させるという手法。脊椎治療に力を入れる病院で現在多く行われるのが、前方侵入椎体固定術(OLIF)と、片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)です。

OLIFは体の即側から椎体にアプローチする手法。傷口が小さく出血が少なく済むので、高齢者にも適用されることが多い手術です。

TLIFは椎体の片側半分を切除する手法。患者自身の椎体を半分残して固定するので、体への負担が少ないのが特徴です。

以下に、五つの固定術を簡単に説明します。

OLIFとTLIFの説明図

前方侵入椎体固定術
(OLIF)とは

前方侵入椎体固定術(OLIF)は、重度の変形性側弯症などの治療に用いられる椎体固定術の一つです。最初に切開する部位は、わき腹。少し前側から患部となる椎骨まで斜めに器具を挿入し、椎骨および椎間板を切除します。切除によってできた空洞に、患者本人の骨を加工した人工物(ケージ)を挿入し、金属によって固定します。傷口は非常に小さく数センチで済みます。一般的な脊椎固定術は背中の切開から始まりますが、前方侵入椎体固定術はわき腹の切開から始まります。これにより、筋肉組織に与えるダメージを大幅に軽減することができるようになりました。

片側進入腰椎後方椎体間固定術
(TLIF)とは

片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)は、腰部脊柱管狭窄症などの治療に用いられる椎体固定術の一つです。最初に切開する部位は、背中。背中から患部である椎骨に達し、椎間関節の「片側だけ」を切除して椎間板を取り出します。切除したすき間に、患者本人の骨を加工した人工物(ケージ)を挿入し、金属によって固定します。片側進入腰椎後方椎体間固定術は、椎間板節の「両側」を切除する後方進入腰椎椎体間固定術(PLIF)に比べて、体への負担が少ないことがメリット。手術翌日には歩行が可能になる人もいます。

経皮的椎体形成術
(BKP)とは

経皮的椎体形成術(BKP)は、椎骨の骨折治療法のひとつで、医療用セメントを患部に流し込んで修復を図る椎体固定術の一つです。最初に切開する部分は背中。骨折などで潰れた椎骨の両側を5mmほど切開し、そこから丈夫な風船のついた器具を挿入します。挿入したら、少しずつ風船を膨らませ、崩れた椎骨をジャッキアップ、持ち上げます。そのあと風船を抜き、できた空間へ医療用の骨セメントを充填する形成術です。施術時間は20分~1時間ほどで、出血もほぼありません。グラついた骨を固めるので痛みの緩和が早いうえ、手術の侵襲も少なく、翌日には歩くことができるのがBKPの利点といえるでしょう。

腰椎椎弓切除術
(MEL)とは

腰椎椎弓切除術(MEL)は、脊椎管が狭くなることで神経を圧迫していることが原因の脊椎管狭窄症などで用いられる、椎弓を切除する椎体固定術(切除術)の一つです。最初に切開するのは腰部。3~5mmほど切開して椎弓と棘突起から筋肉を剥離し、神経を圧迫している一部の椎弓や黄色靭帯などを取りのぞきます。術後は、軟性コルセットを使用すれば翌日から歩行可能。入院期間は10日から2週間程度が一般的です。一方、椎弓の切除術であるため相応の出血量があるほか、深部感染や硬膜損傷、深部静脈血栓による肺梗塞などの合併症のリスクもあるため、事前に医師と相談し、すべて納得のうえで治療にいどむのが望ましいでしょう。

腰椎後方椎体固定術
(PLIF)とは

腰椎後方椎体固定術(PLIF)は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎変性すべり症などによる不安定腰椎をはじめ、変性側弯症・後弯症の矯正などに用いられる椎体固定術の一つです。最初に切開するのは、腰部。腰を切開して痛みの原因となっている、神経を圧迫している靭帯や骨をまずは除去します。そのうえで、歪んでしまった椎間板を廓清するために患部にスクリューを刺し入れ、側弯・後弯があれば矯正してから固定。こうすることで脊椎の安定性が確保されるとともに、神経を圧迫していた原因を取りのぞくことができるのです。歩行は手術翌日からコルセットを用いれば可能。手術後2週間ほどで退院できますが、術後1か月は夜間もコルセット着用が必要です。なお、腰の後方から切開するため、腰椎後方椎体固定術といわれています。

脊椎固定術による治療が有効とされる腰椎系の病名

脊髄脊椎疾患の中でも腰椎系の症状に関して、脊椎固定術が有効とされる病気の概要を以下にまとめてみました。

PICKUP1

腰部脊柱管狭窄症

椎骨が積み重なった背骨の中央部を脊柱管といい、ここは神経の束や血管が通っています。腰周辺の骨や椎間板などが変形したり位置がズレたりすることで、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫している状態を脊柱管狭窄症と呼びます。

PICKUP2

椎間孔狭窄症

椎間孔とは、背骨を構成する椎骨と椎骨の間にあるスペースで、身体の中心から左右対称で両側にあります。一方が狭くなると左右のバランスが悪くなり、神経を圧迫します。結果的には脊椎版や靱帯などにも悪影響を及ぼします。

PICKUP3

変性側弯症

姿勢の悪さや腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症による圧迫骨折の影響など様々な要因によって起こる、高齢者の病気です。脊椎が左右どちらかに10~30度以上(※病院により診断基準が異なります)曲がっている状態を指します。

PICKUP4

腰椎すべり症

腰椎が滑って位置がズレてしまう、高齢者や女性に多いとされる腰椎疾患。加齢とともに腰椎がズレることで起きる中高年に多い症状を「変性すべり症」と呼ぶ一方、スポーツ等が原因で起きるものを「分離(すべり)症」と呼びます。

PICKUP5

腰椎不安定症

複数の椎骨が積み重なっている腰椎は周辺の筋肉によって支えられているのですが、筋肉が衰えると腰椎を支える機能が弱くなります。腰椎が不安定になると脊柱管の神経を圧迫しやすくなったり、ギックリ腰も起きやすくなります。

PICKUP6

腰椎椎間板症

積み重なった椎骨同士の間でクッション的役割を果たすのが椎間板。そのクッション性が弱まり、背骨にかかる負荷を吸収分散できなくなった状態を腰椎椎間板症といいます。椎間板ヘルニアの前段階の症状ともいわれています。

脊椎固定術の実績あり!脊椎外科のおすすめ病院3選

病院ここでは脊椎固定術の手術実績があり、専門医を含むスタッフの質が高く、設備が整っている病院を紹介します。関東・東海・関西の3エリアから、特におすすめの病院を一院ずつピックアップしていますので、病院選びの参考にしてください。

関東品川志匠会病院/新横浜スパインクリニック

品川志匠会病院/新横浜スパインクリニックのHP画像

症例

2015年12月までの脊椎固定術の手術実績は累計1000件を越えており、医師・看護師などのスタッフが脊椎固定術に習熟している病院といえます。また、腰椎の症例別手術件数では脊柱管狭窄症が最も多く、2013年11月~2015年12月までで1,021件の手術を行なっています。

品川志匠会病院 東京都品川区北品川1-29-7
新横浜スパインクリニック 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-5-5

特徴

品川と新横浜に施設がある脊椎専門の整形外科病院。全国的にも珍しい腰と首部分の治療に特化した病院で、特に品川志匠会病院における脊柱管狭窄症と後縦靭帯骨化症の手術実績は全国1位といわれています。検査・治療設備もGスキャン、EOSイメージングシステムなどの最新鋭機器を揃えており、2院どちらでも同じ治療を受けられるなど、脊椎専門病院としては国内でも群を抜く存在です。

実際に施術を受けた方からの口コミ

  • ヘルニアの一般的な症状・対処法に加えて、どうするのがいいのかや、手術のメリット・デメリット、手術実績と手術ミスなどもわかりやすく説明していただき、質問もしやすい雰囲気でした。整骨院に通っていることも告げましたが、「何が自分に合っているか、何で症状が良くなるかは人によって違うから、試してみるのはいいことです」と言ってもらえて、とってもほっとしています。
  • さすがに脊椎専門病院です。長年原因不明だった症状の診断MRIで、腰と首のヘルニアと腰は脊椎管狭窄で手術が必要か判断してもらいました。月1回の投薬と月2回の点滴と注射で、だいぶ良くなりました。患者さんが北海道や青森、福島や静岡などから来られてますし、友人にも勧めているいい病院です。首と腰で悩まれてる方一度考えて見てもいいかもしれません。
  • 頸椎前方固定術を受けました。術後5日程度で、自宅にてパソコンができるまでに回復しました!全身麻酔が切れた時は痛みに少し驚きましたが、3時間程度眠ると痛みはかなり和らいでいました。結局、術後の一瞬目が覚めたとき「痛い」と訴えたわずか5分くらいが辛かっただけ。今は感謝の気持ちでいっぱいです。

東海江南厚生病院

江南厚生病院のHP画像

症例

同病院には、全ての脊椎疾患に対応できるように、高度先進医療を積極的に導入している脊椎脊髄センターがあり、整形外科と併せた年間手術数が2014年で858件もあります。

江南厚生病院 愛知県江南市高屋町大松原137

特徴

前身の昭和病院は1936年開院の歴史ある病院だったが、施設の老朽化や医師不足などの問題があって2008年に愛北病院と統合。結果的に最新医療設備がそろった環境へと。同病院には脊椎脊髄センターがあり、平均入院日数にして15.9日で入院患者数は965人を数えるほどに。患者の6割超が紹介と周辺エリアでの評判の高い病院です。

実際に施術を受けた方からの口コミ

  • お医者さんの一方的な治療方針ではなく、患者側からの意見を聞きながら互いに納得し治療を進めてくれるのでありがたいです。納得いくまで説明してくれて、看護師さんの対応も良好。困ったらまたお願いしたいです。
  • 総合病院なので病院内のシステムは、予約して行った場合→診察券を機械へ→どこに行けばいいか→行き先で受付→それぞれの待合所で今何番目か、次は何番の人の診察か、常にモニターに出ているのですべての対応が早いです。
  • リハビリでお世話になっている看護師さんおよびスタッフの皆さんの笑顔が多く、よく声をかけてくれ元気をもらいます。院内がキレイで清潔です。体調も少しずつ回復してきました。江南厚生病院に移って、本当に良かったと感じています

関西関西医科大学附属滝井病院

関西医科大学附属滝井病院のHP画像

症例

専門外来として脊椎外来・股関節外来・膝関節外来・リウマチ外来・足の外科外来を開設、多岐にわたる整形外科疾患に対応しています。2014年の腰椎固定術の手術実績は313件。

関西医科大学附属滝井病院 大阪府守口市文園町10-15

特徴

併設する関西医科大学脊椎神経センターでは、脊椎から手足の神経まで専門的に診療し、高度な検査機器による確実な診断を元にした、脊椎疾患の先進的な高度医療に対応しています。専門外来でも脊椎外来があり、診断・治療とも最先端の環境なので安心できます。2014年の平均入院患者数は84.6人で平均外来患者数は153.4人。

実際に施術を受けた方からの口コミ

  • ハリをさすことに抵抗があったものの、付き添った妻が「それで治るなら…」と背中を押してくれたので思い切って受けました。こんなに早く治るとは思わなかったのですが、診察室を出た時には痛みはなくなっていました。
  • 午前に受付して、夜8時に来たらちょうどいいタイミングでした。ソファーで待つ必要などなく、ほとんど時間がかかりません。それにしても、この病院の整形外科の医師団は相当に腕利きです。
  • 椎間板ヘルニアで悩んでいる方には最適の病院です。手術も迅速に対応してくれるし、応対も非常に丁寧で感心しきりでした。悩むよりまず、この病院で受診をしたほうがいいのではないでしょうか。まさにおススメの病院です。

脊椎固定術の安全性は?

脊椎固定術は、しっかりとした医師や病院を選び手術を受けることで、合併症や後遺症のリスクのほとんどない治療が受けられます。ごくまれに後遺症として起こる可能性があるのは、脊髄が腫れてしまうことで痺れや痛みの症状が悪化したり、肩があがりにくくなったりすること。合併症として起こる可能性があるのは、手術時の神経損傷や硬膜損傷による症状の悪化や術後感染などです。血腫や血栓症、肝機能障害が起こる場合もありますが、体質や術後の経過などに左右される部分が大きく、しっかりとした病院や医師を選ぶことで、リスクは大幅に軽減されます。しかし、手術を受ける際には、最低限の後遺症や合併症のリスクは知っておきたいものですね。

脊椎固定術のリスクについてもっと詳しく見る>>

脊椎固定術の費用相場は?

脊椎固定術の相場は、健康保険なしの費用で100万円~130万円ほど。健康保険の負担が1割程度であれば10万円~20万円ほどで、3割自己負担の場合は20万円~40万円程度が相場のようです。脊椎固定術は、手術する箇所や方法によって費用が変わる手術。健康保険の適用の有無や自己負担額によっても変化し、入院する病院によっても費用が異なるようです。あまりにも医療費が高額になり、家計に負担が大きい場合には、高額療養費制度などが利用できる場合もあります。

脊椎固定術の費用についてもっと詳しく見る>>

脊椎固定術で多くの実績を誇る地域別おすすめ病院
  • 関西地方
  • 関東地方
  • 東海地方
ページの先頭へ